はじめに。

学習塾「学舎」の設立精神をお読み下さい。


はじめに

 ついこの前、家がとり壊され、なんにもなくなっていた土地に、ふと気付くと草が青々と繁っていました。草の種は、じっとチャンスを待って、きっと、一挙に芽ぶいたのでしょう。この時はだれにでも訪れるのです。


 私たちは、これまで塾教師としての仕事の中で、こどもが休みなく学び続けていることを実感してきました。また同時に、教科の学習に対して生き生きとした意欲を保ち、自ら努力を積み重ねていくための原動力が、教師と生徒の間の人間的な信頼関係にあることを経験してきました。


 学舎のクラスは、2名から7名の生徒と、1人の先生によって構成されます。
 その生徒が、学校の授業についていきたいのか、学校をはなれて受験勉強をしたいのか、その両方をバランスよくすすめたいのかなど、その生徒の状況をよく知りながら、先生が充分に応えていけるようにクラスをつくっていきます。
 ですから、生徒はそれぞれ、自分だけの課題を、自分のペースで勉強していきます。学年も一緒とは限りません。


 学舎の先生は自分の専門教科を教えます。
 教師自身が、その教科から得られる知識をあらゆる場面で生かしている姿は、学習指導の場をつくるさいに、何よりも必要とされるからです。
 また、高校生に対しての進学指導はもちろん、小中学生に対して、大学受験や大学課程への一貫した見通しにたって指導していけることが、学舎の大きな特徴だと考えています。


 学舎では、秋に数回、参加希望者による「勉強合宿」を行っています。2日間にわたってひたすら勉強し続けます。体力、気力、集中力、忍耐力などを養い、達成感に裏付けされた自信を得られるよい機会です。
 春には、大学入試を終えた新たな卒業生と、かつて学舎で学んだ同窓生が集い、なつかしくも楽しいひとときを過ごしています。

 私たちは、できるだけ多くのおとなが、家庭、学校、塾などそれぞれの場所で、ひとりのこどものもつ可能性に気づき、そのことについて、ご家族の方や生徒本人と率直に話し合っていく責任があると考えています。午後1時から授業開始までの時間を面接にあてています。お電話いただければ、いつでもお待ちしています。


 私たちは、ご家族の方々とともに、こどもが安心して学び、挫折と成功を繰り返しながら、精一杯育っていける環境をつくりつづけます。
 そして、多くの方々と力を合わせ、こどもたちの持つ力を無限に押し広げてまいります。